お客様が欲しい商品のURLを提示すること。

こちらで探したりはしない。
①ショップの調査
ショップリストにあるショップかどうか確認、あれば購入代行可能(勿論黒塗りつぶし欄のショップは不可)
無かったら
1. サイト内にショップの住所や電話番号など、連絡先が明らかなショップかを確認
2. 支払い方法の確認(PayPal、アメックス等があればO.K.)
3. 日本直送対応ショップかの確認、日本直送対応なしの場合送り先にUS/UK/DE/AUがあるか確認
4. 商品を提供しているショップの国が信用できる国か否かを確認(中国・イタリア・ギリシャ等は信用出来ないので上記がクリアしていても代行不可。 特にamazonやe-bayは要確認!)
②購入代行不可の結果が出た場合→購入代行お断り連絡
------------------------------------------------------------------------
例文:ご連絡ありがとうございました。
大変申し訳ございません。
調査の結果弊社では購入代行不可との結果でございました。
この度はお客様のご希望に添えず、誠に申し訳ございません。
また別のショップで見つけられた場合や他にお気になる商品が
ございました場合は、いつでもお気軽にお問い合せください。
------------------------------------------------------------------------
③購入代行可能の結果が出た場合→見積もり計算
弊社手数料は商品価格の20%、1000円に満たない場合は手数料一律1000円。
1. 現地通貨を日本円に換算
2. キレのいいところで繰り上げする(例:換算結果47425.06円→47500円)
3. 20%の計算
送料の確認、USショップの場合はTAXも確認。 同じく日本円に換算
現地の購入代行料500円をプラス(現地購入代行の場合)
以上合計が見積もり結果です。
④ご案内を出す
レートの計算は、その時の為替レートにプラス¥5で計算する
見積項目(日本直送出来ない場合)
1.商品価格
2.各国内送料
3.弊社代行手数料:商品価格の20%
 ¥1000に満たない場合は一律¥1000
4.現地スタッフへの購入代行料:500円(事務所で買えない場合)
5.送料(各国から日本へ)
見積項目(日本直送)
1.商品価格
2.日本への送料
3.弊社代行手数料:商品価格の20%
 ¥1000に満たない場合は一律¥1000

見積メールの例

この度はお問い合わせいただきありがとうございます。
〇〇のカスタマーサポート〇〇と申します。
大変お待たせいたしました。 お送りいただいたURLのショップを
調査いたしましたところ、弊社で購入代行が可能との結果が
出ましたので見積もりさせて頂きました。 ご確認下さいませ。
弊社手数料ですが商品価格の20%を頂戴しており1000円に
満たない場合の手数料は一律1000円とさせていただきます。
商品単価:£25.00≒4430円
UK国内送料:£4.50≒800円
弊社の代行手数料:1000円
現地スタッフへの購入代行料:500円
送料(英国から日本へ):2640円
合計:9370円
※この度の商品は国際配送が不可でございますので、弊社英国配送センターへ
一旦受け取った後にお客様のご指定住所へ発送となります。
※お支払い方法は銀行振込のみでございます。
※関税が発生した場合は全額お客様負担となります。
※返品・交換の対応は一切お受けできませんのでご了承ください。
※SHOPからお客様へ直送後の配送トラブルに関しては責任を負えかねますのでご理解願います。
上記お見積りで宜しければ、お振込先情報をお知らせいたしますので
ご連絡下さいませ。
おすすめの記事